家族葬のやり方について

  • 日本で家族葬が増加する理由

    • 近年日本は、世界に類を見ないスピードで高齢化が進んでいる為、故人も高齢化し知人が非常に少なくなっているケースが多く、参列者や弔問客の人数が減少傾向にあります。


      又、高度経済成長期からバブル経済へと続いた経済の勢いは無く、葬儀費用の平均も年々減少し200万円を大きく下回る水準まで急激に下落しています。

      又、非常に高額な葬儀費用を目の当たりにして来た高齢者にとって葬儀は非常に高額な費用が必要なイメージもあり、従来の様に盛大な葬儀よりも自分の家族だけに見守られる簡素な葬儀を希望する高齢者が大多数を占め、葬儀業界では従来の大型の葬祭施設から家族葬に対応した葬祭施設にシフトしています。



      家族葬は、医療機関などから遺体の引き取りから始まり、通夜や告別式を経て火葬後に埋葬される一般的な葬儀の流れと全く変わりませんが、弔問客や参列者が非常に少なく葬儀規模がコンパクトな特徴があります。

      多角的な視点から朝日新聞デジタル情報なら、こちらをご参考にしてください。

      家族葬は、コンパクトな分大切な人を亡くし精神的に不安定な遺族にとっては故人を偲ぶ時間を持つ事が出来るので大きなメリットがあると言えますが、盛大な葬儀に価値観を見出している古いタイプの人達には不義理に映ってしまうケースもあるので、事前に故人の訃報を連絡する際に故人の遺志で家族葬を執り行う旨も伝える必要があります。



      一般的に家族葬は、親族や故人の知人に対しての訃報は葬儀後に行われている事が多く、後々人間関係に暗い影を落とすケースも少なくないので気をつける必要があります。