家族葬のやり方について

  • 家族葬の際の香典はどうするか

    • 葬儀の一つの形として増えつつある家族葬ですが、その一方でマナーが分からずに悩むのは、喪主側、弔問客側の両方とも同じように模索している最中です。
      基本的にはその名の通り家族や近親者で行う葬儀ですから、これまで故人と深いご縁があったとしても、参列を辞退して頂く事も往々にしてあり得ます。

      弔問するかしないかという点でも悩むものですが、それ以上に考えてしまうのは香典の存在でしょう。
      これまでであれば、大体の金額の目安に従って準備して、駆けつけてお渡ししていましたが、家族葬の場合はそもそも弔問をしない事が前提になっていることが殆どだからです。その為、通知があった時には弔問辞退だけでなく香典についても遠慮または辞退を記載して下さっているご家族が殆どですから、間違いのないようによくお知らせを頂いた時には確認しておきましょう。


      ですが、通知の際に香典の話がでない時もあります。



      家族葬という小さな形での葬儀であったとしても、やはり家族側では亡くなった方の葬儀や様々な諸手続きでばたばたとせわしない状態になってしまうので当然のことだと言えましょう。

      毎日新聞をあなたに紹介致します。

      その点に特に記載等がなかったから送っていいというのではなく、この時も香典は控えるようにした方が良いでしょう。自分が家族葬をする時に、香典が届いたらどんな気持ちになるのかという事も少し考えてみると分かりやすいのではないでしょうか。
      故人との最後の挨拶の時間をご家族がしめやかに行えるよう、しっかりと配慮できるようにしましょう。