家族葬のやり方について

  • さまざまな形がある家族葬

    • 家族中心で執り行う家族葬は比較的新しい形の葬儀です。
      それぞれの家族の希望する形となりますので、家族の数と同じだけ、そのスタイルもさまざまとなります。

      宗教形式も問いません。


      基本的なスタイルは、儀礼的な弔問等はせず、家族・ごく身近な友人など故人の希望を最優先した人々とのお別れ会となります。

      よって、お葬式の規模は必然的に小さくなり、価格も一般的な葬儀と比較すると低めになります。

      故人が高齢の場合に参列者が少ないので、このスタイルを希望する遺族も少なくありません。

      家族葬を行う時に注意したい点は、行う場所決め・訃報のお知らせの範囲はどこまでが適当か・親戚やご近所への配慮、などです。

      家族葬情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

      家族葬は家族やご近所さん、故人がお世話になった恩人をはじめ、多くの方々の理解があって、納得のいく家族葬を行うことができます。そのためにも、家族で参列される方の範囲を早めに決めておくことが肝心です。生前の交友関係を熟考し、家族で意見を出し合いながら決めましょう。


      範囲のリストを家族で作成して情報を共有しておくと、情報を得た突然の参列者などに慌てることがありません。

      goo ニュース情報を集めました。

      特に親族を呼ぶか呼ばないかという点については、親族の理解が得られずにのちのちトラブルになることもありますので、家族で慎重に検討しましょう。



      家族葬は自宅・葬儀場のどちらでも行うことは可能です。

      プランには、通夜・告別式・葬儀場利用・斉場利用・火葬料金・搬送料金・初七日法要までが含まれたものが多いです。