家族葬のやり方について

  • 増加する家族葬とセットプラン料金

    • 家族葬は、次世代への負担軽減を望む高齢者や経済的な問題を抱える一般家庭に適している葬送方法とされ、今後葬儀の主流になっていくとされています。

      その為、葬儀業者は従来の大型な葬儀会場から小型の葬儀会場にチェンジしています。葬儀は、遺族が故人との思い出を振り返り冥福を祈る為の大切な時間の筈ですが、日本に伝来後独自進化を遂げた仏教の弊害により、遺族は無事葬儀を終える事だけに神経をすり減らす不条理な状態となっています。

      その為、家族数人や限られた親族と故人の知人だけで執り行われる家族葬は、参列者や弔問客の対応に追われる事無い上にトータルコストも大きく軽減できるとして増加しています。
      家族葬が増加した事により、従来不明瞭だった葬儀業界の料金体系が追加料金なしのセットプラン料金として分かり易く表示される様になっただけでは無く、他業者との差別化を図る為に料金の引き下げやサービスの拡充などが行われ価格破壊が起きています。

      本当の家族葬に対する期待が寄せられています。

      又、従来葬儀を取り仕切って来た葬式仏教から急激に人心が離れた事により、葬儀において僧侶による読経や焼香、高額なお布施が必要な戒名を刻んだ位牌などが祭壇に設置されないケースも増加し、葬式仏教のしきたりに従わない自由葬で行われるケースも増加しています。

      Yahoo!ニュースに関する情報をまとめました。

      セットプランの葬儀費用は、インターネット上では葬儀業者に大きな隔たりはありませんが、遺体の保存施設の使用期限や祭壇の選択肢の数など事細かなサービスが異なり、サービスの内容によっては追加料金が必要になるケースもあるので確認しておく必要があります。