家族葬のやり方について

家族葬のやり方について

家族葬とは、身内のみで故人の葬儀を行うことをいいます。


身内の範囲の認識は人それぞれなので、訃報を知らせる場合は、範囲をしっかり決める必要があります。


後々トラブルになることは避けましょう。家族葬を行う場合、訃報を知らせるのは葬儀に参列する人のみに知らせます。


職場の人や近所の人など、どうしても知らせないといけない場合は、家族葬で身内のみで行うことと、参列や香典・供花・供物はお断りすることを明確に知らせましょう。
斎場や日時なども基本的に明記しません。しかし弔問に訪れた人は、追い返したりはせずにしっかり対応しましょう。
身内以外への訃報を知らせは、葬儀後に身内のみで葬儀を行ったことをお詫びと共に報告します。葬儀後でも香典・供花・供物が送られてくる場合もあるので、それらを辞退する事も併せて知らせておきます。

家族葬に身内以外で参列する場合は、原則は向こうから参加してほしいという要望があった時だけにします。



訃報の知らせに、斎場の場所や日程などの案内が記載されている場合は、自分への参列願いであると解釈して、葬儀に参列しても問題ないです。

参列する場合は、香典辞退が明記されているならば準備をする必要はありません。
無理に用意をすると、返礼品などで遺族に負担をかけることになります。

ガジェット通信の最新情報ならこちらを参考にしてください。

家族葬であっても、弔意を伝えたい場合は、弔電をおくります。



弔電は返礼品の必要がないので、遺族への負担があまりありません。
しかし斎場や日時などが記載されていない場合は、無理に送る必要はありません。

  • 意外な事実

    • 家族中心で執り行う家族葬は比較的新しい形の葬儀です。それぞれの家族の希望する形となりますので、家族の数と同じだけ、そのスタイルもさまざまとなります。...

      detail
  • 社会のテクニック

    • 近年日本は、世界に類を見ないスピードで高齢化が進んでいる為、故人も高齢化し知人が非常に少なくなっているケースが多く、参列者や弔問客の人数が減少傾向にあります。又、高度経済成長期からバブル経済へと続いた経済の勢いは無く、葬儀費用の平均も年々減少し200万円を大きく下回る水準まで急激に下落しています。...

      detail
  • 知っておきたい常識

    • 葬儀の一つの形として増えつつある家族葬ですが、その一方でマナーが分からずに悩むのは、喪主側、弔問客側の両方とも同じように模索している最中です。基本的にはその名の通り家族や近親者で行う葬儀ですから、これまで故人と深いご縁があったとしても、参列を辞退して頂く事も往々にしてあり得ます。...

      detail
  • 身になる知識

    • 家族葬は、次世代への負担軽減を望む高齢者や経済的な問題を抱える一般家庭に適している葬送方法とされ、今後葬儀の主流になっていくとされています。その為、葬儀業者は従来の大型な葬儀会場から小型の葬儀会場にチェンジしています。...

      detail